トップページへプライバシーポリシー
廃棄物の処理
事業系一般廃棄物
産業廃棄物
廃棄物持込のご案内
会社概要
お知らせ・情報
 


 〒838-0213
 福岡県朝倉郡筑前町安野195-1
 TEL:0946-42-6000
 FAX:0946-29-8800

ISO14001:2004 認証取得

 (詳細は下記をクリックしてください)
廃棄物処理の流れ 解体工事 収集運搬 中間処理(選別・破砕)
     
中間処理(破砕・木屑) 中間処理(破砕・石膏) 中間処理(焼却)

リプラハード

     
中間処理(発泡・溶融) 中間処理(破砕・蛍光管) 中間処理(RPF) 中間処理(選別・ビン缶)

中間処理(焼却)
◎焼却/環境に配慮した完全無公害焼却炉を採用することで、ダイオキシンの発生防止、無公害の焼却処分を可能にし、環境保全に務めています。
◎燃焼対象物/木くず、紙くず、繊維くず、 廃プラスチック(密着付加分)
中間処理(焼却) ●プレッシャー式投入装置により外気と遮断した状態にて投入が可能です。
●燃焼バーナーの自動制御にて800℃以上の高温で完全燃焼を行ない、ダイオキシン類排出規制クリアします。
●焼却炉内への高圧エアーにより、短時間にての完全燃焼を実現します。
●焼温度、排気温度は記録計にて自動記録を行ないます。
中間処理(焼却) 新基準に対応すべく外気と燃焼室を遮断する二重扉式ホッパーを採用しました。

再燃炉により燃焼ガスを800℃以上で2秒間滞留させた後、冷却塔にて200℃以下に急冷し、ダイオキシンの再結合を防ぎます。


焼却炉

焼却炉

焼却炉

1. 二重トビラ方式に連続投入
2. 800℃以上で燃焼(完全燃焼)
3. 二次炉において1000℃以上保持
4. 三次炉において煙を燃焼
5. 乾式サイクロンにてばいじん補集

6. 間接冷却にて煙を200℃まで冷却
7. 蒸発式スクラバーにて150℃まで冷却
8. バグフィルタにてばいじん及び塩素分を除去
9. 煙突にて大気放出

中間処理(焼却)|エコクリーン

| お知らせ・情報 | 会社概要 | 廃棄物持込のご案内 | リプラハードのご案内 |

Copyright(C) 2010 EcoClean Co.,Ltd Allright Reserved 
 
 
株式会社エコクリーン